最低保障型変額年金保険の特徴

最低保障型変額年金保険の特徴

変額年金は投資型年金で運用成績によって受取額が変動

 変額年金は投資型年金とも呼ばれ、運用成績によって将来の受取額が変動するのが特徴です。

 

しかし、変額保険の銀行での売れ筋は、受取額に最低保障特約が付いているタイプです。運用が好調なら受取額が増えるとして一見、資産運用としては安全性と収益性を兼ね備えているかのようです。

 

 変額年金は保険料を一時払いし、自ら選んだ投資信託で運用。10-20年間据え置きます。最終的に保障水準(例えば一時払い保険料の110%)を下回れば、その差額が補填されます。反対に上回れば、その分、年金受取額が増えます。

 

知っておきたいのは、そもそも変額年金の最低保障は契約者が「保障料」を負担することでなりたっていることです。

 

変額年金はデメリットが大きい?

最低保障型変額年金保障のイメージ

 変額年金は保険会社が受け取る手数料などとあわせ、年2〜2.5%前後の保険・運用費用が運用資産から差し引かれ続けるため、運用が好調なときでも、契約者は大きな恩恵を受けにくい構造になっています。契約時に数%の手数料をとる変額年金もあります。

 

それでも、もし運用が極めてうまくいけば、保障水準を大幅に上回るだけの年金を受け取れますが、実際は「変額保険で運用がうまくいく可能性は低い」と各付投資情報センターの保険アナリストは指摘します。

 

もし、保証料で賄えないほど損失が膨らんだ場合、保険会社が穴埋めずることになっ ており、それを避けるには運用リスクを制限する必要があります。

 

このため変額保険の契約者が選べる投資信託は、株式の組み入れ比率を3−4割に抑えるなど、高利回りを期待できないものに限られます。

 

確定利付きの定期預金や定額年金に近いのが実態といえます。

 

ちなみに変額年金で保障されるのは、あくまで据え置き期間の終了時です。途中で解約すれば、その時期に応じて、1〜8%ほどのペナルティが課せられるため、元本割れすることも十分ありえます


 

 

 

 

お探しの情報はありましたか?



他の語句でも検索できます。

最低保障型変額年金保険の特徴関連ページ

BRICs新興国株投信
新興国株投信は新興国の株を投信で購入するというものです。
商品先物指数連動型投信
商品先物として原油相場や金価格の上昇を背景に、商品投資が注目されています。
ミニ公募債
ミニ公募債は自治体によって発行される債券です。発行自治体によって発行時期や利回りなど様々です。
特約付き外貨預金
特約付き外貨預金は、満期時に円安になっていれば円建てで、円高になっていれば外貨建てで元本が戻る。
毎月分配型投資信託
毎月分配型投資信託は見た目には安心な投資といえますが、そのリスクはあまり知られていません。
ラップ口座
ラップ口座とは運用を証券会社などに一任しプロが投資を肩代わりするものです
投資コスト
投資コストは長期投資ほど影響大きくなります。ノーロード型投信もコストがゼロではありません
お薦め書籍一覧
資産運用のためには自分にあった情報が必要です。その一歩として書籍を入手することは必要です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
金融商品のリスク 株式投資 外貨投資 財務諸表の見方 投資口座開設