安全な資産運用とはうまくリスク回避する方法を見つけることです

特約付き外貨預金

特約付き外貨預金の特徴

特約付き外貨定期預金は銀行などが販売

特約付き外貨定期預金で主に勧誘するのは銀行。「為替リスクを一定の範囲内で回避しつつ、高利回りを期待できます」そんなうたい文句を見たことがないでしょうか。

 

特約付き外貨定期預金で銀行が残高を増やしているのが、「二重通過預金」  「仕組み預金」など呼び名は銀行によって様々ですが、基本的な仕組みはほぼ同じです。

 

特徴は、満期時に円安になっていれば円建てで、円高になっていれば外貨建てで元本が戻る点。

 

通常の外貨預金と違い、円安になっても為替差益を得られない。そればかりか、円高になっていれば含み損を抱えてしまいます。

 

なぜ特約付き外貨定期預金になる?

 

それでも特約付き外貨定期預金が人気を得ているのは、表示金利が比較的に高いためです。満期3ヶ月もので現在約5%(年率換算)と、通常の外貨預金より2%ほど高いからです。

 

この特約付き外貨定期預金の実態は、円高になればドルに転換される可能性がある円預金(円に転換されうる外貨預金の形をした商品もあります。

 

特約付き外貨定期預金の大きなリスク

 

特約付き外貨定期預金の仕組み

通貨オプションというデリバティブ取引が組み込まれており、預金者は気づかないまま、為替相場の予想を競い合う取引に参加していることになります。

 

預け入れ時に決まる判定レートよりも円高なら、含み損を抱えたドルを相手から受け取らなければならず、預金者にとっては負けになります。

 

リスクをとる分、事前に相手から一定の「オプション料」を受け取ります。オプション料の分、表示金利がたかくなるわけです。

 

結局、預金者が明らかに得をするのは、円高がわずかに 進み、判定レートまでに収まった場合のみです。円安になった場合は、通常の 外貨預金を購入し、為替差益 を得ていた方が、結果的には有利だったことになります。

 

特約付き外貨定期預金の取引相手は非公開

 

特約付き外貨定期預金の取引相手は非公開で、通常は販売銀行ではなく、他の金融機関。

 

仕組み預金は差損を被る確率が高いほど、高いオプション料をもらわないと割に合いませんが、販売銀行が一定の手数料を差し引いており、その手数料がいくらかも非公開です。

 

もし預金者に不利な条件だとしても見分けにくいのです。

 


お探しの情報はありましたか?



他の語句でも検索できます。

特約付き外貨預金関連ページ

BRICs新興国株投信
新興国株投信は新興国の株を投信で購入するというものです。
商品先物指数連動型投信
商品先物として原油相場や金価格の上昇を背景に、商品投資が注目されています。
ミニ公募債
ミニ公募債は自治体によって発行される債券です。発行自治体によって発行時期や利回りなど様々です。
変額年金保険
変額年金は投資型年金とも呼ばれ、運用成績によって将来の受取額が変動するのが特徴です。
毎月分配型投資信託
毎月分配型投資信託は見た目には安心な投資といえますが、そのリスクはあまり知られていません。
ラップ口座
ラップ口座とは運用を証券会社などに一任しプロが投資を肩代わりするものです
投資コスト
投資コストは長期投資ほど影響大きくなります。ノーロード型投信もコストがゼロではありません
お薦め書籍一覧
資産運用のためには自分にあった情報が必要です。その一歩として書籍を入手することは必要です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
金融商品のリスク 株式投資 外貨投資 財務諸表の見方 投資口座開設