安全な資産運用とはうまくリスク回避する方法を見つけることです

毎月分配型投資信託のリスクとは?

毎月分配型投資信託の特徴

毎月分配型投信の運用利回り

 残高5兆円の投信「グロー バル・ソブリン・オープン」 (通称グロゾブ)が代表するように、ここ数年急増してきたのが、毎月や隔月など分配金を頻繁に払うタイプめ投信です。

 

毎月分配型投信に限らず、最近では、外債や預金などにも広がっています。「分配金により運用の成果を実感できる」というのが主な購入理由です。

 

しかし、毎月分配型投信のように分配金は出せば出すほど、不利なことは意外に知 られていません。そもそも分配金は運用資産から払われるので、その分、運用に回す金が減り、結果として複利効果が薄れてしまうのです。

 

毎月分配型投信の分配金からは税金が源泉徴収される点でも、毎月、分配しない場合よりも不利といえます。

 

毎月分配型投信の運用利回り

 

グロソブを例に、毎月分配によるマイナス効果を試算したのが上のグラフです。下側の折れ線は、現在の基準価格をベースに、購入時期ごとの運用利回りを示しています。

 

例えば、2000年1月に毎月分配型投信を買った人は、年平均7.5%で運用できていることを意味します。

 

一方、上の折れ線は、もし分配金をいっさい払わず、その分を運用に回していたと仮定した場合の運用利回りです。年9.8%と、実際の利回りよりも2.3%高い計算になります。

 

もう一つ注意したいのは、こうした毎月分配型投信タイプの商品は、一定額の分配金を定期的に出すことを重視するあまり、運用成績が悪いときでも高い分配金を続けるケースが少なくないことです。

 

単に投資元本が取り崩されている場合もあるので、「毎月分配=運用成果」と思い込むのは禁物です。

 

毎月分配型投信の危険な状態の見分け方

 

毎月分配型投信が投資元本が取り崩されて支払っているかの見分け方は、毎月送られてくる「投資信託分配金・償還金のお知らせ」に、「特別分配金」というところに、配当金が記載されていれば、投資元本を取り崩しています。そのため、分配金から税金は引かれません。

 

通常、運用成果の場合は、「普通分配金または償還金」というところに分配金の金額が記載されています。


お探しの情報はありましたか?



他の語句でも検索できます。

毎月分配型投資信託のリスクとは?関連ページ

BRICs新興国株投信
新興国株投信は新興国の株を投信で購入するというものです。
商品先物指数連動型投信
商品先物として原油相場や金価格の上昇を背景に、商品投資が注目されています。
ミニ公募債
ミニ公募債は自治体によって発行される債券です。発行自治体によって発行時期や利回りなど様々です。
特約付き外貨預金
特約付き外貨預金は、満期時に円安になっていれば円建てで、円高になっていれば外貨建てで元本が戻る。
変額年金保険
変額年金は投資型年金とも呼ばれ、運用成績によって将来の受取額が変動するのが特徴です。
ラップ口座
ラップ口座とは運用を証券会社などに一任しプロが投資を肩代わりするものです
投資コスト
投資コストは長期投資ほど影響大きくなります。ノーロード型投信もコストがゼロではありません
お薦め書籍一覧
資産運用のためには自分にあった情報が必要です。その一歩として書籍を入手することは必要です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
金融商品のリスク 株式投資 外貨投資 財務諸表の見方 投資口座開設