株式投資での含み損の銘柄処分のコツは?

株式投資での含み損の銘柄処分のコツは?

株式投資での「損きり」は辛い!

 

株の損きり

 「いつか回復する」と信じらる場合は、株式投資での含み損を持ち続けるのもひつの手段。

 

しかし、漠然と持ち続けているだけなら、そのデメリットは多いのです。ほうっておくことで、さらに損が拡大したり、資金が拘束され、他に有望な銘柄を見つけても、投資できないこともあります。

 

しかも精神的に圧迫されて、客観的な判断ができなくなりがちです。楽しく株式投資を続けるためにも、上昇期待の薄い株は、前向きに「損きり」をというのが一般的です。そうは言っても、株式投資の損を現実化するのは辛いものです。あと一歩の勇気が出ず、処分ができない人が多いのです。そうならないため、心理的な側面も含めたノウハウを身につけたいものです。

 

株式投資の「ルール」明確に

 

 本来、一番重要なのは、最初に「何%下げたら売る」という株式投資の「損きりのルール」を決めておき、ひたすら忠実に事項することです。多くの投資家は下げた場合の損きりルールを最初に明確化しておらず、ずるずると相場の流れのままに含み損を膨らませやすいのです。

 

しかし、すでに大きな含み損を抱えてしまっている場合はどうすればいいのでしょう。多くのプロが勧めるのは「いったん売ったと仮定して、現時点で買いたいかどうかで判断すること、そうすることで買値の記憶に縛られず、客観的に判断できる」と言います。

 

PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)などの指標で、現時点で評価しなおしてみて、新たに買いたいと思える銘柄なら、持ち続ける価値があります。そう思えないなら、損きりして潔く撤退しましょう。

 

買値は忘れても、最近の「底値」はおぼえておいてもいいかもしれません。「底値からいくら上がったか」だけを考えると、不思議と儲かった気になり、損きりのダメージが軽減します。損きりの踏ん切りがつかない場合は、半分ずつ売る、というのも有効です。

 

損きりの失敗は失敗ではない」という言葉も、覚えておくと勇気付けられます。売った後で、株価が反転し、そこで売値より高く買いなおしたとしても、それはさらなる大損を防ぐための「保険のための費用」であると考えましょう。

 

株式投資で損をしている銘柄間の処分順番

 

 多くの投資家は、保有銘柄のうち、利益が出ている銘柄から処分しようとします。しかし、優先的に処分すべきは、株式投資の含み損が発生している銘柄です。状況次第ではありますが、株価にはトレンド(流れ)が」あり、損失が発生している銘柄はしばらく、その流れが続き勝ちです。逆に利益が出ている銘柄は、さらにそれをのばせることも多いのです。事業分野が国の政策の方向などに合致し、中長期的にも期待できるとおもえればなおさらです。

 

最初にどんな目的で株を保有したかも思い出しましょう。株主優待や配当など損得抜きに楽しむ目的で保有した銘柄は、当面の業績にあまり一喜一憂せず保有を続ける手もあります。

 

損きりして気分一新で再スタート

 

 無事損きりを遂行できたら、気分一新で再スタートを狙うのもいいでしょう。月末から発表が本格化する四半期決算を参考に、業績がよく、低PERの銘柄に入れ替えておくのも手です。

 

ただし、同じ失敗を繰り返さないためにも、今度は必ず「500円になったら売る」「高値から2割下げたら売る」といった損きりルールを厳密に決めておきましょう。

 

株式投資損切りの心得

 

■もっとも重要なのは

 

・最初から、○%下がれば損切り、とルールを決めておき実行する。

 

■「精神的ダメージ」が少ない方法は・・・

 

・現時点で新たに買いたいかどうかを考え、かいたくないなら売る。

 

・損切りしたあと上昇しても決して失敗だったととらえてはいけない。

 

・とりあえず半分ずつ売って様子をみる。

 

■手放す銘柄の選択のポイントは・・・

 

・利益が出ている銘柄より損失拡大中の銘柄を優先的に処分

 

・収益環境が厳しく、不透明要素のある銘柄は優先的に処分

 

・国策に乗って収益を上げている銘柄など中長期で有望な銘柄は残す。

 

・株主優待や配当目的の株は保有をつづけてもよい。

 


 

お探しの情報はありましたか?



他の語句でも検索できます。

株式投資での含み損の銘柄処分のコツは?関連ページ

株取引の始め方
株式投資するには、まず証券会社に口座を開設する必要かあります。 口座は大別して特定口座と一般口座の二種類があります。
銘柄の選び方
株式投資初心者は中長期的に取引できる銘柄を選んだ方が無難です。
株価と経済の関係
株価は、景気動向や金利、為替など経済全体の洋々な要因に影響を受けながら日々変動しています。
売買のタイミング
株式投資の売買のタイミングは、「安値で買い、高値で売る」ことです。
株式大量保有報告書
誰がいつ、どの企業の株式を何%取得したのか開示する「大量保有報告書」が投資材料の一つになり始めています。
インサイダーと相場操縦
インサイダーと相場操縦といった法律に触れる株の取引は、巨額の資金を動かすプロの犯罪だと思いがちですが個人投資家も決して無縁ではありません。
株の配当
配当は企業の利益を株主に分配するものです。業績が好調な企業は増配しています。税率も10%超えもあり預貯金よりお得です。
企業のホームページを活用
ホームページの開示情報を積極活用することは、個人が株式投資プロとの情報格差を縮めるうえでも重要です。
株式投資の書籍一覧
株式投資するにはまず情報です。書籍一覧を用意しました。

ホーム RSS購読 サイトマップ
金融商品のリスク 株式投資 外貨投資 財務諸表の見方 投資口座開設