株式大量保有報告書の入手方法と読み方

株式大量保有報告書の入手方法と読み方

大量保有報告書は投資材料の一つ

 

大量株式保有報告書

 敵対的買収の動きの活発化などを背景に、上場企業の株主が頻繁に変わる時代が訪れました。誰がいつ、どの企業の株式を何%取得したのか開示する「大量保有報告書」が投資材料の一つになり始めています。ただ、これを正確に読みこなすには、仕組みを十分理解しておくことが必要です。

 

証券取引法では、上場企業や上場企業並みの株主を持つ企業の株式を5%以上取得した法人や個人は、取得後5営業日以内に近くの財務局に提出することを義務付けれています。一度5%以上取得した株主は、その後、1%増減するたびに「変更報告書(大量保有)」を提出しなければなりません。

 

金融庁が運営するサイト「EDINET」でも、全ての報告書の閲覧が可能になりました。「村上ファンド」の動向が話題になってからは、同ファンドなどの保有対象を投資のヒントにしようと、このサイトを閲覧する個人投資家も増えました。

 

大量保有報告書をインターネットで見る手順

 

  1. ヤフーやグーグルなどの検索窓に「EDINET」と入力
  2. EDINETのトップページで「有価証券報告書等の閲覧」をクリック
  3. 国内の会社の株券についてなら、「内国会社」を選択
  4. 発行会社名のはじめの1文字を50音表の中から選択
  5. 社名を選び、次ページ上部で「発行者以外の提出書類および関連書類」を選択
  6. 大量取得者名や日付を参考に閲覧

 

 一般的な方法は、「五十音検索」です。知りたい会社の読みの一文字を選ぶと、企業名などが列挙されたページが開きます。目当ての社名を探し選択すれば、その会社の株を保有する株主が提出した報告書も一覧できます。

 

また、提出者側からも調べることが可能です。例えば、村上ファンドを調べたい場合は、五十音検索ページで「個人・法人(有報提出義務者以外)」を選び、運営会社名の「M&Aコンサルティング」などと入力すればよいのです。日々提出される大量保有報告書すべてに目を通すには、「当日提出書類一覧」が有効です。

 

大量保有報告書のEDINETコードの活用方法

 

特定企業の動きを頻繁に調べるなら、社名を入力するより、企業ごとのコードで探す「EDINETコード検索」のほうが早いです。これは証券取引所が企業に与える銘柄コードとは異なります。五十音検索で企業名を探した際にコードをメモしておくとよいでしょう。

 

  1. EDINETコードをダウンロード
  2. EDINETコード検索」を選択
  3. 検索窓にコードを入力
  4. 表示される社名をクリックすると、その会社の株券に関する報告書と、その会社が提出した報告書を一覧できます。

 

大量保有報告書の株券等保有割合

 

 大量保有報告書は、通常、複数ページにわたります。株式の発行会社の社名に続き、その株式を取得・売却し、報告書を提出した投資家や企業名が記載されています。

 

注目点は「株券等保有割合」です。報告書の半ばから後半に記載されており、その提出者が何%の株式を取得したのか、あるいは売却後の持ち株比率が何%まで下がったのかがわかります。敵対的買収に続く序盤戦の買い集め行為や、オーナー経営者の持ち株売却による資産形成、資本提携の前進・後退の状況が読み取れます。

 

ただ、提出側がグループ企業など利害関係の一致した複数の組織・個人である場合、報告書の最後に記載される「提出者及び共同保有者に関する総括表」で保有割合を確認する必要があります。

 

共同保有には、カラクリもあります。共同保有者の間で株券の貸し借りがあった場合、共同保有割合が実際より多く書かれるのです。貸した側は手元に残る株券と貸した株券の合計を、借りた側も借りた株数を保有分とみなすため、一部が重複してしまうのです。貸し借り状況は「担保契約等重要な契約」に書かれているので、閲覧者は重複分を差し引いて保有割合を算出する必要があります。

 


 

お探しの情報はありましたか?



他の語句でも検索できます。

株式大量保有報告書の入手方法と読み方関連ページ

株取引の始め方
株式投資するには、まず証券会社に口座を開設する必要かあります。 口座は大別して特定口座と一般口座の二種類があります。
銘柄の選び方
株式投資初心者は中長期的に取引できる銘柄を選んだ方が無難です。
株価と経済の関係
株価は、景気動向や金利、為替など経済全体の洋々な要因に影響を受けながら日々変動しています。
売買のタイミング
株式投資の売買のタイミングは、「安値で買い、高値で売る」ことです。
インサイダーと相場操縦
インサイダーと相場操縦といった法律に触れる株の取引は、巨額の資金を動かすプロの犯罪だと思いがちですが個人投資家も決して無縁ではありません。
株の配当
配当は企業の利益を株主に分配するものです。業績が好調な企業は増配しています。税率も10%超えもあり預貯金よりお得です。
含み損の銘柄処分
楽しく株式投資を続けるためにも、上昇期待の薄い株は、前向きに「損きり」をというのが一般的です。
企業のホームページを活用
ホームページの開示情報を積極活用することは、個人が株式投資プロとの情報格差を縮めるうえでも重要です。
株式投資の書籍一覧
株式投資するにはまず情報です。書籍一覧を用意しました。

ホーム RSS購読 サイトマップ
金融商品のリスク 株式投資 外貨投資 財務諸表の見方 投資口座開設