株式投資売買のタイミング

株式投資売買のタイミング

株式投資でチャート分析の長い下ヒゲは反発の兆候?

 

株式投資でチャートはかかせない

 株式投資の基本は、「安値で買い、高値で売る」ことです。その逆の高値買い、安値売りは避けたいものです。いまが株価が上昇基調なのか、またその基調が、いつどのように変化しそうなのか、そういうことを察知できれば、売買のタイミングもつかみやすいのです。そのために、ひとつの有力な手段が、チャート分析です。

 

まず、株式投資で使うのがローソク足というチャートです。ローソク足は、株価の「始値」「終値」「高値」「安値」の4つの値を一つの記号で表したものです。始値というのは1日の始めについた値段、終値というのは1日の最後についた値段、高値は1日で一番高かった値段、安値というのは1日の中で一番安かった値段のことをいいます。

 

終値が始値より高い場合は「陽線」、逆が「陰線」です。「高値」と「安値」は上下に伸びた「ヒゲ」と呼ばれる線で表します。ローソク足には日々株価を示す「日足」(ひあし)、週単位の「週足」(しゅうあし)、月単位の「月足」(つきあし)があります。

 

ローソク足の形から様々な情報を読み取ることができます。相場が下落してきたときに「長い下ヒゲ」がでれば株価が下げ止まり、反発する可能性が高いとされます。逆に株価が上昇してきた後に、「長い上ヒゲ」が出た場合、株価が天井にさしかかり、反落する可能性が高いとされています。常にその通りになるとは限りませんが、一応の目安にはなります。

 

Yahooファイナンスのチャート表示

 

チャート分析の移動平均線

 

 移動平均というのは、一定期間の株価の平均値をグラフ化したものです。例えば五日移動平均なら、当日から4日前までのご営業日間の株価を合計し、日数の5で割ります。翌日には、その日の株価を加えて、最も古い日をはずし、ずらしながら計算していきます。移動平均の期間は、5日、25日、75日、13週、26週などがよく使われます。

 

ゴールデンクロス・デッドクロス

 

これは、期間の異なる移動平均の関係からトレンドを判断する方法です。短期の移動平均線が長期の移動平均製を下から上に突き抜ける(クロスする)状態を「ゴールデンクロス」、短期線が長期線を上から下に突き抜ける状態を「デッドクロス」と呼んでいます。ゴールデンクロスは、株価が上昇基調に転換したことを意味し、一般的に「買いのシグナル」と受け止められます。「デッドクロス」はその逆を意味します。

 

チャート分析の相場予想は株式投資では万能ではない

 

 日々の株価が13週線よりも、大型株については30%、小型株については50%以上乖離(かいり)すると、相場に行き過ぎ感が出るようです。業種などによって、乖離率の判断は異なってきますので、過去のチャートをみて、乖離率の上限を知っておくと良いでしょう。

 

チャートを分析していても、予想した相場にならないケースもあると思います。いろいろ分析したにもかかわらず、買った銘柄の株価が下がった場合、いったん売って冷静になることも大事です。チャート分析を重視するあまり、冷静さを失う人もいますが、株価は様々な要因で動きます。自分なりの相場観を養う中で、判断を補助する手段としてつかうといいでしょう。

 


 

お探しの情報はありましたか?



他の語句でも検索できます。

株式投資売買のタイミング関連ページ

株取引の始め方
株式投資するには、まず証券会社に口座を開設する必要かあります。 口座は大別して特定口座と一般口座の二種類があります。
銘柄の選び方
株式投資初心者は中長期的に取引できる銘柄を選んだ方が無難です。
株価と経済の関係
株価は、景気動向や金利、為替など経済全体の洋々な要因に影響を受けながら日々変動しています。
株式大量保有報告書
誰がいつ、どの企業の株式を何%取得したのか開示する「大量保有報告書」が投資材料の一つになり始めています。
インサイダーと相場操縦
インサイダーと相場操縦といった法律に触れる株の取引は、巨額の資金を動かすプロの犯罪だと思いがちですが個人投資家も決して無縁ではありません。
株の配当
配当は企業の利益を株主に分配するものです。業績が好調な企業は増配しています。税率も10%超えもあり預貯金よりお得です。
含み損の銘柄処分
楽しく株式投資を続けるためにも、上昇期待の薄い株は、前向きに「損きり」をというのが一般的です。
企業のホームページを活用
ホームページの開示情報を積極活用することは、個人が株式投資プロとの情報格差を縮めるうえでも重要です。
株式投資の書籍一覧
株式投資するにはまず情報です。書籍一覧を用意しました。

ホーム RSS購読 サイトマップ
金融商品のリスク 株式投資 外貨投資 財務諸表の見方 投資口座開設