株式投資の基礎講座プロが教えます

株式投資の基礎講座 - プロが教えます

株式投資?株を買うってどういうこと?

 

株式は証券会社を通して取引所で売買

 会社に対する持分や所有者としての権利のことを株式といいます。

 

株式を目に見える形に具体化したものが株券で、その持ち主が株主です。ホリエモンの事件で、「会社は誰のものか?」という問いに「株主」と答えたのは記憶に残りますね。実際問題として誰もそうは思っていないかも知れませんね。

 

株式投資とは、株券を通じて株主、つまりオーナーとしての地位や権利を売買することです。

 

株式(株券)は、会社が事業に必要な資金を調達する際に、資金の出し手である出資者に発行します。出資者は、もうかる見込みのない事業にお金を出したくはありません。

 

一方、採算性が高く、普及すると世の中を便利にする製品やサービスにはお金を出して応援したくなるはずです。

 

株式投資には有望な事業への資金提供で会社を育てるという意味があります。

 

株式投資には、どんな会社の株式が買えますか?

 

 ふつうは、証券取引所の上場している株式を売買の対象にします。証券会社に口座を開設すれば売買できます。

 

証券取引所は、現在、東京、大阪をはじめとして、日本には数箇所の大手会社が上場する取引所と、比較的小さな新興企業が、主に上場するジャスダック、ナスダックと次々登場してきています。

 

株式投資するとどんな利点がありますか?

 

 株式投資の最大の魅力は、投資先の企業が成長した結果、得られる値上がり益(キャピタルゲイン)です。

 

例えば、大手会社である電子材料も手がける扶桑化学工業が2001年5月に店頭市場に上場して、初めて売買が成立したときの価格である初値は1800円でした。2006年1月には上場来高値の5080円を、初値と比較すると、約2.8倍に達しました。

 

これはあくまで成功した例です。値上がり益以外の利点として、配当や株主優待、株式分割があります。

 

株式投資の配当

 

配当は、会社が稼いだ利益を株主に分配することで、一株にいくらと配当額を決めます。自社の製品やサービスを中心に提供するのが株主優待です。

 

株式投資の株式分割

 

株式分割とは、発行済み株式を一定の比率で分割する制度のことです。既存の株主はコストをかけずに、保有する株式を増やせます。理論上は分割比率に応じて株価も下がりますが、配当金額が分割前と同じなら、実質増配になるなどの利点があります。

 

株式投資のディトレードって?

 

 インターネット経由で1日に何度も売買する「ディトレーダー」と呼ばれる個人投資家の中には、売り買いを頻繁に繰り返し、1日で大もうけする人もいます。

 

ただ短時間で売買の決断をしなければならないので、初心者が株式投資として、真似すると、損をする場合が多いのです。

 

初心者に限らず、株式投資には長期投資のほうが成果が良いとの声は多く聞きます。日本個人投資家協会では、「株式投資で失敗する3条件」として、@短期 A人気 B不勉強を挙げています。

 

株式投資は長期運用のほうがいい

 

つまり、@短期間で、A人気(すでに買われて高値圏にある銘柄)に、B企業の中身を何も勉強せずに投資することは失敗のもとです。アメリカ著名投資家のウォーレン・バフェット氏も長期投資の株式投資で高い収益を上げています。

 

長い視点で資金を提供して会社を育て、その結果として、利益を得るのが株式投資の基本です。初心者が株式投資するなら長期投資から始めるのがいいのではないでしょうか。

 

たとえば、1997年に店頭市場に上場したヤフーは、2006年4月までに、合計で13回、一株を二株にする株式分割を実施しました。

 

仮に、上場時に一株を購入し、売却せず持ち続けたとすれば、今では8192株保有している計算です。2006年4月の終値(6万6400円)で計算すると、約5億5千万円に相当します。

 

株式投資でも投資信託なら専門家が運用

 

 小口資金を集めて、専門家が選んだ銘柄で運用する投資信託という金融商品もあります。株式のみで運用するものを株式投信といいます。投資先が複数の株式に分散するので、個別銘柄の株価変動に収益が影響されにくいなどの利点もあります。

 

専門家でも、運用に失敗して、資産が目減りする可能性もあります。投信は、預貯金と違って、元本を保証するわけではないのです。運用方針や投資する銘柄の特徴が分かるほどの知識は必要です。

 

会社の財務諸表、決算書を勉強するなら、こちらをごらんください。


 

株式投資の基礎講座 - プロが教えます記事一覧

株式投資の取引の始め方・特定口座と一般口座の違い

 株式投資するには、まず証券会社に口座を開設する必要かあります。 口座は大別して特定口座と一般口座の二種類があります。会社員の投資家などは、納税手続きの手間を軽くできる特定口座を利用する人が多いよ うです。口座開設にあたって は、証券会社を遺ばなくてはなりませんが、昔と違い今は、 対面営業をする証券...

≫続きを読む

 

株式投資するための銘柄の選び方

東京証券取引所の第一部だけでも、約数千社もあります。その中でも個人投資家は、数銘柄から始めてはどうでしょうか。特に株式投資初心者には中長期的な保有をすすめます。時価総額が大きく経営基盤の安定した銘柄が候補になりそうです。トヨタやNTTなどが代表例で、外国人投資家にも人気があります。すぐに値上がり益を...

≫続きを読む

 

株価は景気動向や金利など経済全体に影響を受ける

 株価は、景気動向や金利、為替など経済全体の洋々な要因に影響を受けながら日々変動しています。株価は、企業業績などミクロの動きに左右されるのが基本です。しかし経済全体の動きをつかむことも、投資に役立ちます。株価は、経済実態を先取りするため景気に数ヶ月先行していますが、おおむね景気の拡大期には上昇し、後...

≫続きを読む

 

株式投資売買のタイミング

 株式投資の基本は、「安値で買い、高値で売る」ことです。その逆の高値買い、安値売りは避けたいものです。いまが株価が上昇基調なのか、またその基調が、いつどのように変化しそうなのか、そういうことを察知できれば、売買のタイミングもつかみやすいのです。そのために、ひとつの有力な手段が、チャート分析です。まず...

≫続きを読む

 

株式大量保有報告書の入手方法と読み方

 敵対的買収の動きの活発化などを背景に、上場企業の株主が頻繁に変わる時代が訪れました。誰がいつ、どの企業の株式を何%取得したのか開示する「大量保有報告書」が投資材料の一つになり始めています。ただ、これを正確に読みこなすには、仕組みを十分理解しておくことが必要です。証券取引法では、上場企業や上場企業並...

≫続きを読む

 

株式投資でのインサイダーと相場操縦

インサイダーと相場操縦といった法律に触れる株の取引は、巨額の資金を動かすプロの犯罪だと思いがちですが、個人投資家も決して無縁ではありません。インターネットで株式投資(株を取引)する個人でも陥りかねない違法取引について、モデルケースを使って探ってみましょう。【インサイダー取引】1.A社が合併するなどと...

≫続きを読む

 

株の配当を賢くもらう

 株式投資をすると、企業によってまちまちですが、NTTドコモの場合、年間4千円の配当がもらえた時期もありました。ドコモの株価は、1株17万円と計算すると、年利約2.3%になるときもあります。定期預金より断然お得です。配当は企業の利益を株主に分配するものです。業績が好調な企業は増配しています。配当にか...

≫続きを読む

 

株式投資での含み損の銘柄処分のコツは?

 「いつか回復する」と信じらる場合は、株式投資での含み損を持ち続けるのもひつの手段。しかし、漠然と持ち続けているだけなら、そのデメリットは多いのです。ほうっておくことで、さらに損が拡大したり、資金が拘束され、他に有望な銘柄を見つけても、投資できないこともあります。しかも精神的に圧迫されて、客観的な判...

≫続きを読む

 

株式投資に企業のホームページを活用

 月次売上の開示や、決算説明会での質疑の映像配信。企業のホームページの開示内容が充実してきました。じっくり内容を吟味すると、思いがけない投資情報を得られることも多いのです。ホームページの開示情報を積極活用することは、個人が株式投資プロとの情報格差を縮めるうえでも重要です。ホームページ上で公表される月...

≫続きを読む

 

株式投資するための書籍一覧

株式投資これだけはやってはいけない700円マンガでわかる株式投資!女子高生株塾1680円月5万円をコツコツ稼ぐらくらく株式投資術1500円ジム・クレイマーの株式投資大作戦1995円右脳でわかる!株式投資力トレーニング840円株式投資の未来2310円デイトレーダーをカモにする株式投資戦略1890円株式...

≫続きを読む

 

お探しの情報はありましたか?



他の語句でも検索できます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
金融商品のリスク 株式投資 外貨投資 財務諸表の見方 投資口座開設