株主優待を受けるには

株主になり株主優待を手に入れる

株主になり株主優待を手に入れる

株主優待を受けるには,どうすれば良いのでしょうか。

 

株式投資の中でも,株主優待を受けることだけに焦点を絞ってみましょう。

 

株主優待というくらいですから,優待を受けたい企業の株主になる必要があります。
株主になるということは,企業が発行している株券を購入から始まります。

 

証券会社に口座を作り,証券会社を通し東京や大阪などにある証券市場で株式を購入します。

 

株主になるための手続き

注意しなければいけないのが,「株券を購入=株主」となるということではないことです。

 

最近では,デイトレードと言って分単位で株式を購入しすぐに売却を繰り返して利益を生み出す投資スタイルがあります。

 

この場合だと,その企業の株主になっていたのはほんの数分間ということになります。
こんなケースまで株主優待を提供する,というのは本来の趣旨とは違いますよね。

 

まず株式を購入したら,企業に自分が株主になったことを知らせるために名義書換を行う必要があります。
自分で全部するとなると手続きが複雑なので,証券会社で代行してもらうことが出来ます。

 

さらに便利なのは「実質株主登録」と言い,証券保管振替機構という団体が推進している保管振替制度〔略称:ほふり〕を使用すると実質株主登録が可能です。

 

株券の受け渡しと一緒に株主登録が行われるため,いちいち名義書換をする必要がありません。

 

株主優待の時期

株主優待には,必ず時期があります。
通常は,決算後株主総会を経て終了した時点で株主優待が行われます。

 

株主優待が行われる対象者は,それぞれの企業が定めている『割当基準日』という日の基準に株主として登録されている人ということになりますので,株主優待を狙って株式を購入する場合は,『割当基準日』までに株式を購入して株主登録を済ませておく必要があります。

 

具体的なスケジュールをご説明します。
保管振替制度で実質株主登録が可能とお話しましたので,この制度を利用していることを前提に説明します。

 

株式には,優待の他に配当があります。
企業の生み出した利益を,保有している株式に応じて現金で分配するものです。

 

この配当は,通常企業の決算日に支払い対象者が確定しますので,優待も通常これと同じ日に確定します。

 

仮に3月決算の会社の場合,決算日は3月31日なので優待の割当基準日も3月31日となります。
保管振替制度を利用した実質株主登録の場合,株券の受け渡しの4営業日前に株式を購入しておくと,3月31日に実質株主となることが出来ます。

 

スポンサーリンク

 

次は株主優待の意味


更新履歴