特約付き外貨定期預金のメリット・デメリット

特約付き外貨定期預金のメリット・デメリット

特約付き外貨定期預金は「二重通貨預金」「仕組み預金」

 

特約付き外貨定期預金は「二重通貨預金」「仕組み預金」となどとも呼ばれます。

特約付き外貨定期預金は、為替相場によって満期金が円で戻ったり、外貨で戻ったりする複雑な預金で、「二重通貨預金」、「仕組み預金」となどとも呼ばれます。

 

特約付き外貨定期預金は、表示金利が高く、根強い人気があります。満期三ヶ月物の金利は、年率で5%強が中心です。通常のドル建て定期より1.5%ほど高めです。

 

しかし、特約付き外貨定期預金は、表示金利から受ける印象ほど有利とは言いがたいのが実態です。預け入れた時点では円預金の形をしています(ドル預金の場合もある)。さらに、満期日の円相場が予め決められた判定レートより円高になっていれば、自動的に転換されて戻ってきます。

 

特約付き外貨定期預金には実は「通貨オプション」というデリバティブ取引が仕組まれており、預金者自身が気づかないまま、リスクを伴う「円相場予想ゲーム」に参加していることになります。

 

例えば、「預金者は114円より円安になると予想、しかし予想が外れて円高になれば差損を抱えたドルを受け取らなければならない」という契約になるのです。そのリスクを取る代わりに預金者は、事前に相手から一定額の補償(オプション料)を受け取ります。このオプション料の分だけ表示金利が高くなる仕組みです。

 

通常は、他の金融機関がその相手側になります。例えば、預入時(114円)よりたった1円、円高になる(115円)だけで預金者の負けですから、負ける確率はかなり高いのです。本来は、その確率に見合うだけのオプション料をもらわないと割りに合いませんが、実際には販売銀行が一定の手数料を差し引いています。その割合は非公開なので、預金者にとって条件が不利だったとしても見分けられません。

 

ちなみに円安のときは、特約付き外貨定期預金は、円のまま戻りますから、為替差益は発生せず、通常の外貨預金に預けていたほうがよかったことになります。結局、明らかに得なのは、満期日に判定レートで収まったとき、表示金利がまるまる利益になりますが、その確率は高くはありません。

 

特約付き外貨定期預金で得する可能性は低い?

 

預入時115円だとして
特約判定レートが114円

 

満期日に115円以上になると
  円で受取
  通常の外貨預金より不利
  (為替差金を受けられない)

 

満期日に114円〜115円
  円で受取
  通常の外貨預金より有利

 

満期日に114円以下
  ドルに転換して受取
  為替含み損


 

お探しの情報はありましたか?



他の語句でも検索できます。

特約付き外貨定期預金のメリット・デメリット関連ページ

為替の読みは?
外貨投資するにしても為替があがるのか下がるのかわからなければ投資ができません。為替といっても相場ですから確実にわかるわけではありません。
為替政策の変化
為替相場を左右する要因として、通過当局者の姿勢や発言も重要です。
有利な外貨商品
外貨投資をするうえで外貨預金、外貨建てMMF、外国為替証拠金取引(FX)とあります。そのメリット・デメリットは?
外国債券の買い方
外国債券の利回りは国や残存期間によって違いますが、円金利に比べれば高めです。為替リスクを考慮しなければかなり有利です。
新興国の株購入
BRICsで運用する投信が増えています。経済成長率が高く人口も増加する新興国は、日本など先進国と比べ、長い目で大きな株価上昇が期待されるのです。
外貨建て個人年金
外貨建て個人年金利回りは購入時に確定しますが、受け取る際は為替相場左右されます。円建て個人年に比べて高いため人気があります。。
外貨投資の書籍一覧
外貨投資する際に注意しなければいけないことなど、書籍を入手しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
金融商品のリスク 株式投資 外貨投資 財務諸表の見方 投資口座開設