外貨建て個人年金のメリット・デメリット

外貨建て個人年金のメリット・デメリット

外貨建て個人年金は受け取り時に為替に左右される

 

外貨建て個人年金を購入する前の注意点

そもそも個人年金は、保険料を長期で運用し、将来年金を受け取る貯蓄性保険です。

 

その外貨版である外貨建て個人年金は、通常、一時払い保険料として、例えば10万ドル(1200万円弱)を購入、5年か10年の間、あらかじめ決められた利率で運用してもらいます。外貨建て個人年金の利回りは購入時に確定しますが、将来年金を円で受け取る際は、そのときの為替相場左右されます。利率は、期間10年で、5%台が中心です。円建て個人年金(通常1%)に比べて高いため人気があります。

 

外貨建て個人年金は為替リスクはありますが、利率が高いから有利というほど、単純ではありません。注意したいのが手数料です。外貨建て個人年金の購入時に元本の6〜8%ほどを取られる例が多く、10万ドル投資した場合、実際に運用にまわせるのは9万ドルです。この結果、実質的な利回りは4%台にとどまります。

 

外貨建て個人年金と米国債の比較をすると、収益性では、期間5年だと、円換算で約50万円、米国債のほうが有利です。外貨建て個人年金の期間10年のタイプは販売競争が最も激しいため、利率が高めですが、それでも米国債がやや有利で、信用度も米国債に分があります。

 

外貨建て個人年金を途中解約すると、外貨ベースでも元本割れリスクがあります。死亡時には、元本が最低保障されますが、受けとり額も死亡時期に応じて決まります。解約の場合は、事前に予想できないのです。

 

外貨建て個人年金は、主に債券で運用しますが、債券に時価は金利動向により変動します。解約時に金利が下がれば債券価格が下がり、払出金は減ります。
解約の可能性まで考えると、為替リスクまで契約者が負います。解約時には若干の費用をとられ、購入時に手数料も引かれます。このため、金利が不変とすると、解約原戻し金の水準が元本までに回復するのに、2年近くかかる計算です。

 

個人年金商品は、生きている限り、毎年一定額をもらい続ける「終身年金」という、他商品にはない機能があります。死ぬまで年金をもらえるなら安心ですが、解約のリスク、コストをよく理解したうえで判断しなければなりません。

 

外貨建て個人年金 利回り面での比較

 

ドル建て年金と米国債(ゼロ・クーポン)を元本10万ドルで比較すると・・・

 

運用期間 3年 
米国債が差額約36万円多い

 

運用期間 5年 
米国債が差額約50万円多い

 

運用期間 7年 
米国債が差額約21万円多い

 

運用期間 10年 
米国債が差額約28万円多い

 

外貨建て年金のリスク

 

途中契約すると元本割れの可能性あり

 

 


 

お探しの情報はありましたか?



他の語句でも検索できます。

外貨建て個人年金のメリット・デメリット関連ページ

為替の読みは?
外貨投資するにしても為替があがるのか下がるのかわからなければ投資ができません。為替といっても相場ですから確実にわかるわけではありません。
為替政策の変化
為替相場を左右する要因として、通過当局者の姿勢や発言も重要です。
有利な外貨商品
外貨投資をするうえで外貨預金、外貨建てMMF、外国為替証拠金取引(FX)とあります。そのメリット・デメリットは?
外国債券の買い方
外国債券の利回りは国や残存期間によって違いますが、円金利に比べれば高めです。為替リスクを考慮しなければかなり有利です。
新興国の株購入
BRICsで運用する投信が増えています。経済成長率が高く人口も増加する新興国は、日本など先進国と比べ、長い目で大きな株価上昇が期待されるのです。
特約付き外貨定期預金
特約付き外貨定期預金は、為替相場によって満期金が円で戻ったり、外貨で戻ったりする複雑な預金で、「二重通貨預金」、「仕組み預金」となどとも呼ばれます。
外貨投資の書籍一覧
外貨投資する際に注意しなければいけないことなど、書籍を入手しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
金融商品のリスク 株式投資 外貨投資 財務諸表の見方 投資口座開設