新興国(BRICs)の株購入と注意点

新興国(BRICs)の株購入と注意点

BRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)の株購入

 

新興国(BRICs)の株購入

ここ数年、BRICsで運用する投信の設定が増えています。経済成長率が高く人口も増加する新興国は、人口減で労働力低下などが懸念される日本など先進国と比べ、長い目で大きな株価上昇が期待されるのです。

 

日経平均株価は、2003年のバブル後最安値から急騰し、2006年では1.7倍程度、最近では株安が続いています。この2006年の時期に、新興国の株価はそれぞれの代表的な指数でインドが2.8倍、中国で2.5倍、ブラジル2.7倍になりました。

 

成長が見込める国の株式で運用する場合、為替差益でさらなる収益拡大を望めます。成長が続く国は株価だけでなく通貨も長期的には高くなるという指摘があります。

 

 例えば、日本を例にとってみると、1976年4月に約4600円だった株価は、バブル絶頂期の89年12月に約8.5倍の3万8900円まで上昇しました。同時に為替も円高が進み、1ドル=約300円から89年には、約2倍の143円になりました。もし、米国から日本の株に投資していれば、この13年間で資産が約17倍になったわけです。

 

76年と89年(バブル期)比較

 

日経平均株価  8.5倍  (4600円から3万8900円)
為替        2倍    (1ドル300円から143円)

 

新興国株(BRICs)投信のリスク

新興国株(BRICs)投信のリスク
新興国株(BRICs)投信のリスクとしては、海外資金の動きで乱高下してしまうことです。

 

新興国の国内に十分な貯蓄がない国は、海外のお金に依存して成長する例も多いのです。しかも、株式にしろ、通貨にしろ、市場は小さいです。このため、海外資金のちょっとした動きで乱高下しかねません。海外資金が逃げ出せば株価も通貨も下落し、投資家は二重の痛手を被るかもしれません。

 

97年のアジア危機では、1年間でタイバーツが約18%下落、インドネシアルピアも約5分の1になりました。株価も暴落し、当時これらの国の株に投資していれば大損害だったと思います。BRICsは、経済の基礎的条件(ファンダメンタルズ)が当時のアジアと比べ良好との見方もありますが、気をつけたい点です。

 

インドルピーや中国の人民元、香港ドルなどは、当局の為替管理色が残ることなどから目先は変動リスクが少ないとされます。ただし、ブラジルレアルなどは変動が大きいのも事実ですし、他の国・地域も為替がより柔軟に動くようになれば、上昇する可能性とともに、下落リスクも出てきます。

 

新興国株投資に伴うリスクをうまくコントロール

新興国株投資に伴うリスクをうまくコントロール
新興国の株価は調整局面と言われています。資金調達コスト上昇により投資先が厳選され、新興国から、より安全な先進国の資産へ資金が流れがちです。新興国の株価も調整局面が続く可能性があります。

 

人や情報、資源がグローバル化した結果、今後の世界的な企業は、先進国ではなく新興国で生まれるかもしれないとの声があります。先進国に投資先を絞ると、逆にリスクを抱えることになるかもしれません。

 

大切なのは、新興国株投資に伴うリスクをうまくコントロールして、第一に余裕資金の1、2割など、一定の範囲にとどめることです。第二に10〜20年などの長い目で取り組むことです。この2点に留意すれば、高値の時期に集中投資し、おおきな損失を被る危険性を小さくできます。


 

お探しの情報はありましたか?



他の語句でも検索できます。

新興国(BRICs)の株購入と注意点関連ページ

為替の読みは?
外貨投資するにしても為替があがるのか下がるのかわからなければ投資ができません。為替といっても相場ですから確実にわかるわけではありません。
為替政策の変化
為替相場を左右する要因として、通過当局者の姿勢や発言も重要です。
有利な外貨商品
外貨投資をするうえで外貨預金、外貨建てMMF、外国為替証拠金取引(FX)とあります。そのメリット・デメリットは?
外国債券の買い方
外国債券の利回りは国や残存期間によって違いますが、円金利に比べれば高めです。為替リスクを考慮しなければかなり有利です。
外貨建て個人年金
外貨建て個人年金利回りは購入時に確定しますが、受け取る際は為替相場左右されます。円建て個人年に比べて高いため人気があります。。
特約付き外貨定期預金
特約付き外貨定期預金は、為替相場によって満期金が円で戻ったり、外貨で戻ったりする複雑な預金で、「二重通貨預金」、「仕組み預金」となどとも呼ばれます。
外貨投資の書籍一覧
外貨投資する際に注意しなければいけないことなど、書籍を入手しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
金融商品のリスク 株式投資 外貨投資 財務諸表の見方 投資口座開設