外貨投資するのに有利な商品は?

外貨投資するのに有利な商品は?

銀行の外貨預金どちらが有利?

 

銀行の外貨預金は有利?

銀行の外貨預金が一番身近ですが、普通預金と定期預金があります。どちらも円預金より魅力を感じます。

 

ただ、為替相場次第では、満期時に受け取る外貨建て受取額の円換算額が、元本を下回る可能性があります。

 

金利は、銀行によってまちまちです。一方、円を外貨に換える時や、外貨を円に戻すときの手数料はわりと横並びです。ドル預金だと多くの銀行では、片道1円です。ただ、銀行によっては、50銭、25銭と、相対的に安い銀行もあります。ボーナス時期などのキャンペーン中はもっと安くなることもあります。

 

ただ、外貨預金は、日本の預金保険制度の対象外です。預入先の金融機関が破綻したときに、元本と利息が保全されないリスクがあります。

 

外貨定期預金の利益計算例

 

■金利・利回り(1年物金利)

 

米ドル 4.0〜4.1%程度
ユーロ 1.7〜1.8%程度
豪ドル 4.2〜4.4%程度

 

■手数料の相場(片道)

 

米ドル 1円
ユーロ 1円50銭
豪ドル 2円〜2円50銭

 

■税金

 

利息は20%の源泉分離税。為替差益は雑所得扱い。

 

外貨建てMMFでは

外貨投資としての外貨建てMMF

外貨建てMMFは、外貨建て投資信託の1種です。高格付けの短期国債や社債など価格変動が少ない商品で運用していて、外貨建ての元本割れの可能性は少ないとされていますが、為替リスクはあります。

 

分配金は、税金が源泉徴収された後、毎月まとめて自動的に再投資されます。短期の商品で運用していて、金利上昇がすぐに反映されやすいとの声もあります。
外貨建て定期預金より利回りが高いのが普通で、手数料も一般的に片道50銭(ドルの場合)と格安です。

 

投資家の財産は、分別管理され、運用会社や販売会社が破綻しても保護されます。また、為替差金は非課税になっているのもポイントです。

 

外貨建てMMFの利益計算

 

■利回り

 

米ドル 4.3〜4.7%程度
ユーロ 2.0〜2.2%程度
豪ドル 5.0〜5.1%程度

 

■手数料の相場(片道)

 

米ドル 50銭
ユーロ 75銭〜80銭
豪ドル 80銭〜90銭

 

■税金

 

収益分配金は20%の源泉分離税。為替差益は非課税。

 

外国為替証拠金取引 では

外貨投資としての外国為替証拠金取引

外国為替証拠金取引は、「株の信用取引の為替版」のようなものです。少ない元手(証拠金)で、何倍もの取引ができるため、うまくいけば利益が大きい一方、失敗すれば損失も膨らみます。

 

外国為替証拠金取引は安い手数料が特徴で、ゼロの会社もあります。ただ通貨を売買するときに、買値と売値の価格差があり、売買コストがゼロというわけではありません。

 

またスワップポイントと呼ばれるものがあり、異なる2種類の通貨を売買したときの金利差の調整のことです。低金利通貨を売って、高金利の通貨を買えば、金利差分の金額を受け取れます。逆なら支払いが生じます。今、円は他の通貨よりも低金利なので、円を売って、他の通貨を買えば海外の高金利を受け取れます。それを利回りに換算すると、外貨預金や外貨MMFより高くなります。

 

ただ、悪質な業者も多くいますので、業者を選ぶ際に、信頼できるかどうかを慎重に見極めることは必要です。

 

外国為替証拠金取引の利益計算

 

■利回り換算

 

米ドル 5%程度
ユーロ 3%程度
豪ドル 5.5%程度

 

■1回の取引(スワップ含まず)

 

0〜10銭

 

■税金

 

為替差益やスワップ金利は雑所得扱い。取引所為替証拠金は申告分離課税。

 


 

お探しの情報はありましたか?



他の語句でも検索できます。

外貨投資するのに有利な商品は?関連ページ

為替の読みは?
外貨投資するにしても為替があがるのか下がるのかわからなければ投資ができません。為替といっても相場ですから確実にわかるわけではありません。
為替政策の変化
為替相場を左右する要因として、通過当局者の姿勢や発言も重要です。
外国債券の買い方
外国債券の利回りは国や残存期間によって違いますが、円金利に比べれば高めです。為替リスクを考慮しなければかなり有利です。
新興国の株購入
BRICsで運用する投信が増えています。経済成長率が高く人口も増加する新興国は、日本など先進国と比べ、長い目で大きな株価上昇が期待されるのです。
外貨建て個人年金
外貨建て個人年金利回りは購入時に確定しますが、受け取る際は為替相場左右されます。円建て個人年に比べて高いため人気があります。。
特約付き外貨定期預金
特約付き外貨定期預金は、為替相場によって満期金が円で戻ったり、外貨で戻ったりする複雑な預金で、「二重通貨預金」、「仕組み預金」となどとも呼ばれます。
外貨投資の書籍一覧
外貨投資する際に注意しなければいけないことなど、書籍を入手しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
金融商品のリスク 株式投資 外貨投資 財務諸表の見方 投資口座開設