外貨投資入門・一歩進んだ基礎知識

外貨投資入門・一歩進んだ基礎知識

外貨投資の基本は様々な通貨で資産を分散

外貨投資とは通貨で資産を分散

 外貨投資はなぜ必要か?

 

といえば、国内金利は上がってきたとはいえ、銀行の定期預金の利率はわずかです。高いといわれる10年物国債でさえ、利率は何%かです。

 

それなら、金利が比較的高い外貨投資をして外貨商品で資産の一部を運用するほうが有利といわれています。

 

外貨投資は資産防衛の意味もある

 

 また資産防衛の意味もあります。

 

日本では、人口減少などで高成長は見込みにくく、長期的に円安の可能性も否定できません、円安だと輸入品の値段が円ベースであがり、インフレを引き起こしかねません。円という通貨の購買力が低下してしまうのです。

 

そのとき、資産の一部でも外貨で運用していれば、円安で為替差益が発生するため、インフレの悪影響を緩和できます。

 

 逆に円高になれば損をします。

 

円高による為替差損には注意が必要です。ただ、ある程度の円高なら海外の高金利で補えます。

 

金5%の米国債を1ドル=115円のときに1万ドル、115円で買ったとします。10年後、元本とあわせて1万4千ドル(税率を20%と想定)に増えます。

 

外貨投資と国債を比較

 

 

 一方、最初の購入費115万円で、米国債ではなく金利1.8%の日本の10年物国債を購入したとすると、10年後は約132万円になります。10年後の両資産の価値が同じくなる為替相場は132万円÷1万4千ドルで、1ドル=94円です。それ以上の円高にならない限り米国債で損をすることはないのです。

 

通貨で資産を分割が基本

 

 

 外貨投資時に気をつけることは、様々な通貨に資産を分散するのが基本です。

 

4資産ぐらいに分散した場合の値動きはわりと安定しています。円と外貨、株式と債権、などと反対に動きやすい投資を織り混ぜれば、まずまずの成績になります。

外貨投資で資産運用した場合の例

 

 

1ドル=105円で1万ドル購入
(円安が進み)
1ドル=115円で売却

 

このときの資産は?

 

購入時:105万円
売却時:115万円
売買損益:10万円(手数料無)

 

【円安と円高】

 

「1ドル=105円」というのは、ドルからみて、1ドルを105円で交換できるという意味です。

 

「1ドル=115円になった」ということは、1ドルで115円に交換できることを意味して、1ドル=105円と比較すると、円は安くなったことになります。

 

つまり、1ドル持って、105円もらえるのと115円もらえるのでは、ドル側からすると、115円もらえたほうが得なわけです。そこで円安になったというのです。

 


外貨投資入門・一歩進んだ基礎知識記事一覧

外貨投資する上で為替は上がるのか下がるのか?

 外貨投資する上で、通貨(商品)は、なるべく円高に買うのが有利ですが、為替は、各国の経済だけでなく、政治的な思惑や国債紛争など様々な要因が絡み合って動きます。 ただ中期的には、マネーは低金利の通貨から高金利の通貨に流れる傾向が強いのです。海外金利が国内よりも高いときに外貨投資を始めれば、その後に円安...

≫続きを読む

 

外貨投資の為替政策の変化

 外貨投資で成功のカギを握るのは、為替相場をできる限り正確に予測することです。その相場を左右する要因として、通貨当局者の姿勢や発言も重要です。 通貨当局者とは、為替相場の「監視役」のことです。日本では財務相や事務方の責任者である財務官ら、米国では財務長官などです。 株も為替も相場を動かす基本要因は経...

≫続きを読む

 

外貨投資するのに有利な商品は?

銀行の外貨預金が一番身近ですが、普通預金と定期預金があります。どちらも円預金より魅力を感じます。ただ、為替相場次第では、満期時に受け取る外貨建て受取額の円換算額が、元本を下回る可能性があります。金利は、銀行によってまちまちです。一方、円を外貨に換える時や、外貨を円に戻すときの手数料はわりと横並びです...

≫続きを読む

 

外国債券の賢い買い方は?

外国債券は払い込みや受取が外貨でされる債券をいいます。そもそも債券は国や企業などが資金調達するために発行するのです。外国債券で品揃えが多いのが証券会社です。外国債券の利回りは国や残存期間によって違いますが、円金利に比べれば高めです。為替リスクを考慮しなければかなり有利です。例えば、ドル建てMMFの場...

≫続きを読む

 

新興国(BRICs)の株購入と注意点

ここ数年、BRICsで運用する投信の設定が増えています。経済成長率が高く人口も増加する新興国は、人口減で労働力低下などが懸念される日本など先進国と比べ、長い目で大きな株価上昇が期待されるのです。日経平均株価は、2003年のバブル後最安値から急騰し、2006年では1.7倍程度、最近では株安が続いていま...

≫続きを読む

 

外貨建て個人年金のメリット・デメリット

そもそも個人年金は、保険料を長期で運用し、将来年金を受け取る貯蓄性保険です。その外貨版である外貨建て個人年金は、通常、一時払い保険料として、例えば10万ドル(1200万円弱)を購入、5年か10年の間、あらかじめ決められた利率で運用してもらいます。外貨建て個人年金の利回りは購入時に確定しますが、将来年...

≫続きを読む

 

特約付き外貨定期預金のメリット・デメリット

特約付き外貨定期預金は、為替相場によって満期金が円で戻ったり、外貨で戻ったりする複雑な預金で、「二重通貨預金」、「仕組み預金」となどとも呼ばれます。特約付き外貨定期預金は、表示金利が高く、根強い人気があります。満期三ヶ月物の金利は、年率で5%強が中心です。通常のドル建て定期より1.5%ほど高めです。...

≫続きを読む

 

外貨投資するための書籍一覧

あなたのお金を10倍にする外貨投資術1470円これを知らずに外貨投資・FXをやってはいけない1470円生まれてはじめての「ニコニコ」外貨投資〈FX〉改訂版1470円図解ゼロからはじめる外貨投資& FX1260円外貨投資をやさしく教えてくれる本1470円かしこい私の外貨投資1000円FXから外貨預金ま...

≫続きを読む

 

お探しの情報はありましたか?



他の語句でも検索できます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
金融商品のリスク 株式投資 外貨投資 財務諸表の見方 投資口座開設